南房総のお城を巡る - 一般社団法人 南房総市観光協会

南房総のお城を巡る

南房総里見浪漫・御城印を巡る旅

御城印を巡る旅

Journey to correct the Gojoin

南総里見八犬伝の物語の舞台となった南房総ですが、同時に、中世の安房を治めていた史実としての「戦国大名・里見氏」のその歴戦の跡も色濃く残っています。1400年代の中頃に安房に現れ、慶長19年(1614)徳川幕府によって伯耆国(鳥取県)倉吉に移されるまで、170年近くにわたって安房地方の歴史をつくった里見氏一族。
この度、その里見氏にまつわるお城に関しての御城印(ごじょういん)が完成しました。御城印を手に入れ、それぞれのお城が持つ歴史浪漫に想いを巡らせてみませんか。
城ガール

白浜城

Shiroyama Castle

白浜は、房総半島の南端に位置し、中世・太平洋の海上交通を抑える要衝でした。そのため、関東地方の戦国時代の幕開けとなる享徳の乱(1454年~1483年)において、鎌倉公方足利氏から当時関東管領の上杉氏派が統治していた安房地域を奪うために、送り込まれたのが里見氏といわれ、その初代の里見義実が、本拠にした場所が白浜城と考えられています。城跡は太平洋を一望に見渡せる標高140メートルの山頂を中心に占地し、東西1キロメートル、南北400メートルにわたる広大な城域を有し、物見台、堀切などのほか、尾根に小さな平場を作ることで曲輪を配した房総戦国時代初期の遺構が残る城郭です。
登山道が整備されており、山頂からの太平洋の眺望は秀逸です。山麓から山頂までは、約40分で往復することができます。

白浜城御城印

白浜城御城印
里見氏の家紋と太平洋を眺望するために物見台に建っていたであろう望楼を考証を踏まえ、イメージ化するとともに、望楼前に作られていたであろう木柵と太平洋からの海風にたなびく里見家の幟をデザインのモチーフといたしました。

滝田城

Takida Castle

滝田城跡は南房総市上滝田区・下滝田区根小屋西方の丘陵上に占地する山城です。築城時期は定かではありませんが、天文の内訌(1533年)時、里見義豊派の一色氏の居城であり、里見義堯派に攻められ落城したという歴史を持ちます。この落城後は、しばらくの間、里見義堯が居城としていたのではないかともいわれています。城跡の最高所は標高140メートルであり、八幡台と呼ばれ、主郭部と考えられるとともに、これを囲む形で、曲輪と思われる数か所の平場が認められる構造となっています。城跡は南房総市の指定史跡とされており、曲輪、櫓台跡、竪堀などの遺構が良好に残ります。また山麓より遊歩道が整備され、所要約80分で城内を巡ることができます。

滝田城御城印

滝田城御城印
このお城は、「南総里見八犬伝」では、里見義実の居城とされ、八犬伝発祥の城とされています。この経緯により、城跡内の遊歩道には、物語に登場する伏姫と八房の像である「伏姫八房翔天の像」があり、その像のイメージをモチーフに里見氏の家紋と合わせ、デザイン化いたしました。

宮本城

Miyamoto Castle

宮本城は、南房総市富浦町大津の標高188メートルの山上を中心に占地する中世戦国期の山城であり、城跡は南房総市の指定史跡となっています。宮本城は稲村城の支城として築かれた城といわれていますが、天文の内訌(1533年)の一方の主役であった里見義豊が幼少時育った城ともいわれています。
宮本城は、地形に対して竪堀、土橋、堀切等を組み合わせ、大規模な山城としての要害化が図られています。また、石積み遺構が残ることが大きな特徴です。このお城は、北側の防御に力が注がれており、上総方面を意識した山城であったと思われます。遺構の状況から見ても、戦国時代末期まで使用されていたものと考えられているとともに、一時期は、里見家当主である里見義堯の居城であった可能性もあるといわれています。

宮本城御城印

宮本城御城印
宮本城はその城域、要害化の状況から見ても、安房の国、有数の山城といえます。
御城印においては、その山城全体の山容をモチーフとして、里見家の家紋と合わせデザイン化しました。

南総里見八犬伝御城印帳

Gojoincho

せっかく手に入れた御城印ですが、直接カバンにしまったりしてくしゃくしゃになることがあります。それを防ぐには、御城印帳に保管するのがオススメです。
そこで、南総里見八犬伝御城印帳も一緒にご購入するのはいかがでしょうか。
御城印は1枚300円(税込)、御城印帳は3,850円(税込)で、ご購入いただけます。
御城印帳表紙
御城印帳裏

デザインした山城ガールむつみ(歴史講師&山城ナビゲーター)さんより

表紙は海に乗り出し活躍した里見氏をイメージし、安宅船をデザインしました
裏面は南総里見八犬伝の世界観を表現するため、伏姫と八匹の犬、そして弾けて飛んでいく八つの球をデザインしました。
妖しくも面白い八犬伝の魅力が伝わりますように。

御城印を手に入れるには

How to Buy

御城印とは登城記念にお求めいただくお土産ですので、実際に訪れて購入していただくのが本来ですが、通信販売を行なっています。
山城ガールむつみさんのページでご紹介いただいておりますので、そちらのページをぜひご覧ください。


お越しの際は、南房総市の道の駅でご購入ください。
枇杷倶楽部と鄙の里から販売を開始し、ちくら潮風王国でもお求めいただけるようになりました。順次拡大する予定となっています。ぜひチェックしてみてください。
枇杷倶楽部
飲食

枇杷倶楽部

特産の「房州びわ」を原料に、オリジナル商品が盛り沢山。

道の駅三芳村鄙の里
飲食

道の駅三芳村鄙の里

鄙の里の低温殺菌牛乳は、そのまま飲んでもおいしいですが この牛乳を贅沢に使用した、ソフトクリームも絶品です。

道の駅ちくら潮風王国
おみやげ店

道の駅ちくら潮風王国

目の前に海が広がる、海の幸や南房総のお土産が充実した道の駅。

道の駅富楽里とみやま
飲食

道の駅富楽里とみやま

毎朝入荷する新鮮な野菜・花・魚は南房総の自然の恵みでいっぱい

道の駅 ロ-ズマリ-公園
おみやげ店

道の駅 ロ-ズマリ-公園

中世ヨーロッパ再現の公園内に、SHOPやホール・直売所あり。

道の駅和田浦WA・O!
飲食

道の駅和田浦WA・O!

26mのシロナガスクジラ骨格がお出迎え。鯨がテーマの道の駅です。

  • 住所 千葉県南房総市和田町仁我浦243
  • TEL 0470-47-3100
  • FAX 0470-28-4085
  • http://wa-o.awa.jp/